御厨川岸より両国橋夕陽見

御厩河岸より両国橋夕陽見4.jpg

 

 

御厩河岸より両国橋夕陽見

 

(おんまやがしよりりょうごくばしのせきようをみる)


東京都墨田区本所一丁目

-------------------------------------

 

解説を聞く

 

 

暮れなずむ隅田川・御厩河岸の渡し場。(台東区蔵前二丁目辺りの隅田川岸に幕府の

 

御厩があったので、この辺りを御厩河岸といいました。)

渡し船の手前に、美しい藍の線で大きな荒波が描かれています。


対岸の両国橋のたもとに富士の姿、沈む夕陽の逆光でシルエットとして表現、

 

日が沈んで次第に色が失われていく時間が表現されています。

 

 

渡し船に乗っている商売人などの人々は、この美しい光景をほとんど見ること

 

なく押し黙り、一日の終わりを表しています。

渡し船の船頭の禿頭を回転軸に、舟の孤と両国橋の孤が対象となっています。


船頭の視線の先には、富士が見えます。

 

----------------------------------------------------------

御厩河岸より両国橋夕陽見2.jpg

御厩河岸より両国橋夕陽見1.jpg