五百らかん寺さざゐどう

五百らかん寺さざゐどう4.jpg

 

 

五百らかん寺さざゐどう ごひゃくらかんじさざゐどう)

 


東京都江東区大島四丁目

-------------------------------------------

 

解説を聞く

 

五百羅漢寺(現在は目黒区に移転)は元禄8年(1695)に開山した黄檗宗寺院です。

内部に螺旋状の階段を持つ三階建ての栄螺(さざい)堂を建立しました。

 

内部の百観音を参拝するうちに高楼にたどり着き、外に出ると目に入ってきたのは

 

富士です。


 
やっと着いたと荷物を下ろす旅人、川面を渡る風が心地いい。
 

あれが富士だと指さす町人や芸妓・子供、武士など様々な階級の人々。


人々の視線、板目、屋根の梁の線がすべて富士を指す構図となっています。

 

-----------------------------------------

 

五百らかん寺さざゐどう2.jpg

五百らかん寺さざゐどう1.jpg