甲州石班澤

甲州石班沢4.jpg

 

甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)

 

山梨県南巨摩郡鰍沢

 

------------------------------------------------

 

解説を聞く

 

 

 

 

石班澤(鰍沢)は、釜無川と笛吹川などが合流して富士川の荒波となります。

岩に波がぶつかり激しく泡立っています。

 

荒波とは対照的に岩場で漁師が黙然と一人網を打っています。

 

漁師の背中から頭、そして手元からピント張った網へとつながり、三角形を描いています。

 

その相似形が遠景の裏富士として描かれています。

 


緊張感をもって網を打つ孤高の漁師に対して、岩場で魚籠をのぞく子どもが全体の張り

 

つめた感覚をやわらげております。


初摺は藍一色に摺られ、北斎の藍摺の中でも最高傑作と評されていますが、後摺では

 

雲間に橙色が引かれるなど色数が増やされています。

 

 

------------------------------------------------------


 

 

甲州石班沢2.jpg

甲州石班沢.png