凱風快晴

凱風快晴 3.jpg

 

 

凱風快晴(がいふうかいせい)

 

 

------------------------------------------------

 解説を聞く

 

 

凱風とは、南風のことです。

初夏のころ、そよ風が吹いているようです。雄大な富士の山容とたなびくイワシ雲は、

 

気高く臨場感たっぷりです。

夏から秋にかけての晴れた日の早朝、富士が赤く染まる一瞬があることを、

 

江戸時代の日記はびっくりしたように記録しています。

北斎は、その瞬間に感動し、描いたものでしょう。それは力強く一日の始まりを

 

告げるかのようです。

藍色のぼかし摺で、青い空を背景に赤々と燃焼しているかのように染められた

 

富士の山頂には雪が残り、立体感を表しています。通称「赤富士」といわれます。

 

 

凱風快晴 1.jpg

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で